男性

薄毛のトラブルは育毛シャンプーを使って改善しよう

どっちが効くか

ボトル

ザガーロは、15年も前から前立腺肥大症の治療薬として利用されている安全性の確認できた薬です。薄毛治療薬としてはプロペシアもありますが、発毛効果はザガーロの方が1.6倍高いというデータもあります。1箱で1か月分ですが、大阪では1万円前後で販売されているようです。

もっと読む

脱毛が治る手術

頭を触る男性

男性型脱毛性の有効的な治療に自毛植毛があります。自毛植毛は、遺伝的に抜けにくい後頭部に生えている毛髪を使って、薄毛の部分に植毛して髪を増やす手術です。普通の植毛の場合は人工の毛髪を使うので、定期的なメンテナンスが必要です。しかし、自毛植毛の場合は細胞が定着して発毛サイクルが整えば一生メンテナンス不要です。手術費用は100万以上する場合が多いですが、一生薄毛治療をしなくてもよくなるのでコスパは抜群です。大阪の梅田にある育毛クリニックでも自毛植毛が人気です。梅田には植毛の名医があるクリニックがあります。梅田の近くに住んでいて男性型脱毛性に悩んでいるなら、一度カウンセリングを受けてみる事をおすすめします。

自毛植毛手術はメスを使って行う外科手術です。細胞を採取するために頭皮を切開することになります。手術をすることになったら前日は早めに休んで、手術に備えてしっかり体力を備えておくことが大切です。手術をした部位はしばらく腫れます。激しい運動をすると腫れが引かなくなるので、1か月くらいはジョギングやジム通いなどの運動を控える必要があります。また、シャンプーをするときはゴシゴシ洗わずに、刺激を与えないように優しく洗うことが大切です。梅田にはメスを使わない自毛植毛をしているクリニックがあります。メスの代わりにパンチを使って細胞を採取する手術です。メスを使う手術よりも腫れも痛みも少ないので、外科手術に抵抗がある人に人気です。

植毛の手術を行なってくれるところによっては育毛シャンプーなどを扱っているところもあります。この商品を使うことで、薄くなった頭皮に十分な栄養を与えることができ、ふさふさな頭を取り戻せる可能性を高めることが可能です。

自分の毛で薄毛を改善

洗髪する人

自毛植毛は、AGA治療薬の次に勧められる、高い効果が得られる薄毛治療法です。男性ホルモンの影響が少ない、後頭部などの毛を移植します。移植の方法はいくつかあり、症例数や技術力も伴う施術であるため、医療機関選びは慎重に行いましょう。

もっと読む

薄毛を治す方法

ディスペンサーボトル

現在ではAGA治療のために病院に通うことが可能で、フィナステリドやミノキシジルなどを処方してもらえます。頭皮に直接的に有効成分を注入する、育毛メソセラピーの治療を行っている病院もあります。AGA治療薬は厚生労働省の認可を受けており、世界的にも効果が認められています。

もっと読む